美容外科でコンプレックスを払拭|レーザーフェイシャルを利用

失敗しないプチ整形

女医と注射器

実績のあるクリニックで

ヒアルロン酸注入は注射一本で終わる手軽さから、プチ整形として幅広い人気を集めています。とはいえ施術する医師の経験が不足していると、失敗する可能性もあるので注意が必要です。注射針で毛細血管を傷つけると内出血が起きます。また稀なケースですが、誤って血管内にヒアルロン酸注入をしてしまうと、血管が塞がって壊死などの重大な症状を起こす場合があります。ヒアルロン酸を均一に注入できないと、肌に凹凸ができたり、不自然に青白く膨らんだりすることもあります。いずれの場合も、医師に十分な知識があれば避けられることです。ヒアルロン酸注入は安全性の高い施術ですが、受けるなら実績のあるクリニックを選ぶことが第一条件になります。

満足できる施術のために

万が一ヒアルロン酸注入に失敗しても、ほとんどの場合は自然に吸収されるため、永遠に影響が残ることはありません。またヒアルロン酸分解注射で、すぐに除去することも可能です。仕上がりが気に入らない場合も諦めないで、他のクリニックに相談してみれば、より満足できる形に修正できることがあります。手軽でありながら奥が深いのがヒアルロン酸注入の特徴です。注入する分量や部位を微調整することで、痛みや違和感を少なく、効果を大きくすることができます。そのため技術力のあるドクターには人気が集まっています。仕上がりに不満を残さないためには、施術前に十分な打ち合わせをして、細かい点までドクターに希望を伝えておくことが大切です。